スポンサードリンク

2017年02月08日

おとなの掟歌詞フルバージョン ドラマの結末を暗示してる?

TBS系ドラマ「カルテット」ハマって見てます。

エンディングで流れる「おとなの掟」、i-tunesで発売になりましたね。早速購入しちゃいました!

フルバージョンの歌詞は、更に意味深!

ドラマの結末が予想できそうで、色々深読みしちゃいます!

以下、耳で聞き取った歌詞です。



おとなの掟

真っ黒な中にひとつ

消えては浮かぶ吐息よ

冷たい闇夜はぼくの願い 飲み込み かくまいます

真っ白な息が今 最も無垢な本音と


かじかんだ声で 何を歌う 嘘でも本当でも



好きとか 嫌いとか 欲しいとか

気持ちいいだけのセリフ・・・でしょ

ああ 白黒つけるにはふさわしい

滅びの呪文だけれど




まっさらな子供時代 教科書を暗記していれば

正解 不正解 どちらかを 選べると思ってた


ト書き通りに生きてる自分 アドリブには慣れていないくせ

言いたいこと溢れ出しかしましい 君の前だけだけれど


手放してみたい この両手

ふさいだ知識

どんなに軽いと感じるだろうか?

言葉のよろいも 呪いも いっさいがっさい

脱いで 剥いで もう一度 僕らが出会えたら



好きとか 嫌いとか 欲しいとか

口走ったら どうなるでしょう

ああ白黒つけるのは恐ろしい 切実に生きればこそ


そう人生は長い 世界は広い

自由を手にしたぼくらはグレー

幸福になって 不幸になって 慌ただしい

胸のうちだけが騒ぐ

大人は秘密を守る





松たか子さん達の歌ももちろん素晴らしいんですが、作詞作曲の椎名林檎さんのバージョンも聞きたいな〜。


この歌詞からすると、ドラマのラストではカルテット解散しちゃいそうですかね〜?

ああ、次の火曜日が待ちきれないわ。
posted by しおり at 19:42| ドラマ「カルテット」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク