スポンサードリンク

2015年02月02日

流星ワゴン広樹はなぜ私立中学を受験するの?理由は?原作ネタバレ注意


日曜ドラマ「流星ワゴン」楽しく見てます。

主人公の息子、ヒロこと広樹がいじめにあっていたことが判明しましたね。

私立中学を受験すること、そしてそれを「お前たちとは違う」的な態度で友達に接してしまったことでいじめになってしまったようです。

これは原作でも同じ。

ただ、裸にされて放置、とかいうシーンは原作にはなかったですけどね。


ドラマを見ていても、原作小説を読んでいても疑問なのが、「なぜ広樹は中学受験するの?」ということですよね。

広樹の小学校の友達を見ても、どうやらクラスで市立中学を受験するのは広樹だけのようです。

地域によっては中学を受験する方が一般的、というところもありますが、広樹の通う小学校ではかなり少数派のようです。

そんな地域であるのに、なぜ広樹は中学校受験をするのか?

もともといじめがあって、それから逃れるために中学受験を決意ならわかります。

が、そもそもいじめの原因が中学受験のようですから、そういうわけでもなさそうです。

それまでは友達と仲良くしてたみたいだし。


ここからは原作ネタバレになりますので、知りたくない方はここまでで。

もう知っちゃいたい方のみスクロールして読んでね。




















原作では広樹が中学受験する理由は………


はっきり描かれていません!

小学校二年生で今の街に引っ越してきて、すぐに学校になじんだ、と書いてあります。

そして、「五年生の秋頃から「中学は私立に行きたい」と言い出した広樹は、塾の夏期講習に毎日通っている」と書いてあるだけ。

母親の美代子が勧めたのかもしれませんが、そこのところは描かれてません。


いじめが始まった後は、公立中学に行ったらまたいじめられる、という理由ができますが、そもそもなんで広樹が私立中学を受験しようと思ったのかはナゾです。

なので、原作を読んでも広樹が中学受験する理由はわかりませんからね〜。
posted by しおり at 08:41| ドラマ「流星ワゴン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク