スポンサードリンク

2015年05月29日

熊切あさ美ミヤネ屋独占激白全文はこれだ!愛之助と別れてない今も信じて待ってる

2015年5月29日(金)日本テレビ系「ミヤネ屋 独占激白 本日は熊切の主張です あさ美のラブリンとは」見ました。

昨日の放送で、宮根さんが、

「愛之助さんに電話して聞いたら、4月に別れたって言ってた」

と発言してましたね。

そして、いよいよ今日は熊切あさ美さんが登場!!

愛之助さんとも熊切あさ美さんとも親しいという宮根さんならではの展開です!!


実際のインタビューは女性リポーターさん。



もう部屋に入って来たときから大きな目がうるうる気味の熊切あさ美さん。

リポ 「今どうですか?体調や精神面は?」

熊切 「あんまり眠れていないけど、大丈夫です」


リポ 「今回 取材を受けようと思った理由は?」

熊切 「正直 こういうことで こういう場所に出るのは 嫌だったんですよ。

    でも 自分が話す場所がないと 自分がなかったことで終わっちゃうんじゃないかなって思ったり

    お互いに付き合っていることを 公にしてたから自分のことも話す場所を ちゃんとしないと

    大人として これで逃げちゃったら 全部から逃げることになっちゃう気がしたんで」





リポ 「お二人の間で 将来の話や結婚の話は?」

熊切 「色んな話は 2年半も一緒にいるから もちろんしているし

    そのために頑張ろうと思っていたし 自分も。

    普通に  年齢的には考えるし」


もう声がかすれっちゃってる熊切さん。

鼻をすすって涙を堪えている様子。



リポ 「2年半の間に ケンカや波風が立ったことは?」

熊切 「もちろん ケンカすることも…。でも ケンカっていうケンカはほとんどなくて

    何回かはもちろん 多少のケンカはありましたけど

    別れる 別れないとか そういうケンカはしたことはなかったので」






リポ 「今回の報道(藤原紀香さんとの熱愛報道)はどう思われましたか?」

熊切 「う〜ん、どう思ったか……びっくりしました」

堪えきれずに泣き始める熊切さん。


顔を覆う右手薬指には愛之助さんからもらった指輪が映し出されています。


熊切 「本当のことは分からないけど 

    (記事に)出ちゃってるから

    それが現実なんだろうなと思いました」


熊切 「男の人だから 間違いはあったりするのかなと思ったけど

    同棲まで出ちゃったっていうのが

    ”W同棲”(ダブル同棲)って言葉を聞いたことがなかったから

    すごいショックで

    …ショックでした……」

細い指で涙を拭う熊切あさ美さん。




リポ 「報道の後、愛之助さんと連絡は?」

熊切 「私が事務所から”そういうのが出るらしいよ”って言われた日から

    (愛之助さんから)着信が何度かあったんですけど

    出られる状態じゃなかったから

    出なかったです」


リポ 「電話に出られなかったのは どうしてですか?」


画面右上のワイプの中の宮根さんの顔がもう……悲痛です……。


熊切 「多分 受け入れたくないのがあったし

    まだ記事が出るまでは

    間違いであってほしいなというのがあって

    (電話に)出られなかったので

    記事が出てからは…

    何が起こってるか わからなくなっちゃった…」


両手で顔を覆ってしまう熊切さん。

カメラから顔をそむけてしまいます。




ナレーションが

「今後気持ちが落ち着いたら 愛之助さんと話そうと思っているという」



リポ 「これまで愛之助さんから紀香さんについて聞いたことは?」

熊切 「歌舞伎を見に来てた」とか聞いたことはあります」





リポ 「(愛之助さんは紀香さんのことを)友達だとおっしゃってるんですよ」

熊切 「それは見ましたけど…

    でも もうここまで(記事が)出てるから…

    泊まっちゃてるわけだから

    私は知らないですけど 二人のことは」


リポ 「愛之助さんも交際を認めているわけではないみたいですが」

熊切 「………」





4月上旬から二人の関係に変化があったというのだが……



熊切 「普通に 変わらず 付き合っていたんでるけど

    (愛之助さんは)4月が名古屋(公演)で

    5月は本当は帰って来ると言っていたんですけど

    忙しくて1〜2時間しか寝る時間がないのと

    寝る時間を取りたいと言って

    ”しばらくホテルなんだ”って言っていたので

    私も別に ”忙しいんだったら”っていうので」



リポ 「最後に会ったのは?」

熊切 「(4月に)名古屋に行く前です」



と、いうことは、2か月会っていないんですね。



リポ 「会えないときも メールのやり取りはありましたか?」

熊切 「4月、5月は忙しいっていうので 負担をかけたくなかったんで

    ちょっと減らしていたんですけど」


リポ 「5月もコミュニケーションは取っていたんですか?」

熊切 「”5月はしばらくホテルなんだ”って言われて

    そこからは メールでやりとりがあったりだとか

    あとは 電話で何度か話したことはあったんですけど

    会ってはないです」



熊切 「しばらくホテルって言ったのに

    仕事の邪魔するのが嫌だったから」




ミヤネ屋では、昨日の放送で宮根さんが「愛之助さんは4月に話をして別れたって言っていた」と言ってしまっています。


それについて質問する女性リポーター。


リポ 「4月に別れ話というのはありましたか?」


食い気味に前のめりになって答える熊切さん。


熊切 「4月は名古屋だったので 別れ話じゃなくて 普通に

    名古屋公演に行くというだけだったので

    別れ話は 何も

    ”行ってくるね”だけでした」



リポ 「じゃあこれまで熊切さんの認識としては 別れ話をしたということは?」

熊切 「ないです 本当にないです」

リポ 「キッパリおっしゃってください」

熊切 「ないです 別れ話になったことはないです」




愛之助さんの荷物は、二人が同棲していた部屋にまだあるという。


熊切 「(荷物が)あるから 出て行ったと思ってないし

    何も変わらずなんで

    いろんな方からメールが来ても

    開いて返事するのも まだ怖いし」


リポ 「今はメールを見る気持ちにもなれないですか?」

熊切 「メールをどう返していいのかわからない

    だって”別れた”と出ているけど 別れてないから

    どうして 

    私 どうなっているんだろうって」


リポ 「となると 愛之助さんが”別れた”と言っているのはなぜ?」

熊切 「どうしてそんなことが言えたのかが……

    でも宮根さんが言っているということは

    本人(愛之助さん)が そういう風に言ったんだろうなって思うし

    仲がいいのは 分かっているので

    どうしてそんなこと言っちゃったのか 分からなくて

    すごい わけが分からない感じです」



右手薬指につけている愛之助さんからもらった指輪について


熊切 「まだ(指輪を)つけているんですけど でも どうしていいのかわからないけど

    まだ私は別れたわけじゃないから

    二人の中で 終わりという話が出たわけじゃないから

    まだ信じていたい部分でつけているんですけど

    もしそう(別れている)だったら すぐに外そうと思いますし

    外さなければいけない日が来るのかもしれないですけど

    まだちょっと信じたい部分が

    あと少しだけあって」



リポ 「今 愛之助さんに対してはどんな思いですか?」

熊切 「わからないというか

    自分の知ってる彼じゃないから

    でも それが現実なのかどうかもわからないし」


リポ 「信じていたから許せないのか それとも信じて待っているのか?」

熊切 「信じて待ってる 待っていたいですけど

    でも(熱愛報道が)出た以上は(先に)本当のことを

    知りたかったっていうのはあるけど でも……

    やっぱりまだ信じていたいです」




インタビューはここまで。


スタジオの宮根さんは


「巻き込まれちゃったな〜」とぼやいてました(笑)


宮根さんは愛之助さんから、4月に電話で別れ話をした、と聞いたのだという。

どういう内容の話だったかも聞いたらしい。

もちろんテレビでは言わなかったですけどね。

宮根さんによると、その内容が熊切さんには別れ話に取れなかったのかもしれないと。



電話じゃなくて直接会って話したほうがいい!僕が立ち会ってもいい!とカメラに向かって力説する宮根さんでした。






posted by しおり at 20:00| ワイドショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク