スポンサードリンク

2017年02月18日

カルテット夫失踪理由は真紀のDV!?キレるのを止められない暴力妻4つの訳

TBS系ドラマ「カルテット」ハマって見てます。

第5話で、松たか子さん演じる巻真紀の失踪した夫さんが、なんとクドカンこと宮藤官九郎さんでしたね〜。


結局、失踪の理由は何?


雑誌「ザ・テレビジョン」では、


巻幹生(宮藤官九郎)の秘密激ヤバ!


と書かれていました。


今まで、「真紀が夫を殺しているのでは?」という疑惑があったので、それ以上のヤバイ内容なんてあるかしら?とも思われますが・・・


プロデューサーの佐野P談として、「巻夫婦がいかにして出会い、いかにして結婚し、そしていかにして壊れたかを丁寧に描きます。全夫婦にとって痛い話になっています。壊れるしか方法が残っていないんじゃないかなと思わされます」と載ってました。


そして、「怒涛のサスペンス展開」になっているとも。


しかも、「ザ・テレビジョン」に載っているクドカンさんの写真には吹き出しがついていて、「ごめんなさい。すみません」のセリフが。


これは・・・


多分・・・


幹生の失踪の理由は・・・



真紀(松たか子)のDVだ!!


真紀はキレると自分が抑えられない暴力妻なんだわ!!




第5話のラストで、幹生が手に怪我をしていたのが暴力を連想させる伏線なんじゃない?


真紀が暴力妻だと思われる理由としては・・・



@ 
以前幹生をベランダから突き落として入院するほどの怪我をさせている。

これは、突き落とそうと思ってじゃなく、暴力を振るっているうちに落ちちゃったのでは?


A
余命少ないと嘘をついていたベンジャミンさんを情け容赦なく密告して仕事を奪った。

真紀の、嘘や正しくないと思うことへの容赦ない態度が表れていた。
しかも「悪いのはそっちだから」とそれを責めることに罪悪感がない。
ストーリーでは、一見優しそうな真紀がそんなことをしたので、みんな驚いてましたよね。


B
別府さんに急にキレて声を荒げてドンっと台を叩いていた。

「捨てられた女舐めんな!」と、急にキャラの違う態度になった。
あれは、真紀がキレると人が変わったように乱暴になるという伏線だったのでは。



C
真紀も幹生も声が小さい。

真紀だけじゃなく、夫の幹生も声の小さいキャラだと第5話ラストで判明してましたよね。
これは、実は真紀も幹生も元々DVの被害者だったことを暗示しているのでは?
多分親が急にキレるDV親だったのでは?
つまり夫の場合はもたいまさこ演じる母鏡子。
もたいさんが鏡子をかなりおどろおどろしい様な笑顔で演じているのには、そういう意味合いを含ませていたのではないかしら。
第6話の予告で、鏡子が真紀をひっぱたいているシーンもありましたしね。

真紀も幹生もDV被害者同士で気が合い結婚にいたったが、真紀は親のDVが連鎖してしまい夫幹生にキレると暴力を振るうようになったのでは?



失踪の理由が真紀のDVドメスティックバイオレンス家庭内暴力だとすると、「愛してるけど好きじゃない」発言も頷けます。

真紀が暴力をふるいたくないのに、キレる自分を止められないと苦しんでいたとしたら、愛してるけど失踪するしかなかったのも分かる!

母親にも消息を知らせられない理由も、母もDV虐待親だったなら納得。

いや〜、もたいまさこさんが演じる鏡子がお母さんだったら怖いもんね。

すご〜く愛してくるけど、急に怒りそうだもん。

すずめちゃんにフォークさしてくるし〜。



まあ、失踪理由が妻のDVというのはまったくの勝手な予想なわけですが、別府さんのストーカー、すずめちゃんの世間を騒がせた超能力少女詐欺、家森さんのヤバめな元妻&子持ち、ときたら、DVくらいは全然ありそう・・・。


なにはともあれ、佐野P談によると、

「台本を読んで、私も予想を越えた衝撃でした」

だそうですよ。


いや〜、「カルテット」来週が待ちきれない!!


posted by しおり at 17:13| ドラマ「カルテット」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク